ひびきのキャンパス

環境技術研究所

環境技術研究所

 國際環境工學部は、「21世紀の地球社會の変化と地域社會の要請を踏まえて、國際環境工學に関する新たな學際的學問領域を創造するため」に設置され、以來10年にわたって、環境問題の解決のための先端科學技術の開発に攜わってきました。そして2012年3月1日、學部開設10周年にあわせ、理工系では初となる常設の研究所が設置されました。

環境技術研究所オリジナルHPはこちら

研究所の組織

(1)研究統括部門

 研究の促進と重點化を戦略的に進め、研究センター、技術開発センター群、その他學內研究プロジェクトを統括します。

  • 研究センター

  環境技術研究所が重點的に推進する分野の研究を行う常設研究機関です。

  • 技術開発センター群

技術開発センター群は地域の産業力向上につながる有望な産業技術シーズ、または地域に著しく貢獻する分野の技術開発を専ら擔う時限的な研究機関です。研究センターが研究所の研究戦略により設置されるのに対して、技術開発センターは、國際環境工學部の教員を中心とした研究員からの提案に基づき設置され、3年程度の短期間で成果を出していくものです。

(2)研究支援部門

研究環境の整備による研究者支援、知的財産の管理?活用、外部研究費の管理運営及び研究成果の広報を擔います。

(3)國際連攜部門

海外の研究機関との共同研究支援、學術交流協定締結支援、國際シンポジウム開催など、國際研究連攜を推進します。

研究員等の配置

研究員は、専任教員の他、國際環境工學部に所屬する全教員と北方キャンパスの教員のうちの希望者が兼務する。

環境技術研究所 教員紹介   50音順

教員名 研究內容?専門分野 備考
井上 正
(Masashi Inoue)
學內における知的財産に関する業務を擔當しています。大學において創出された研究成果を知的財産として権利化し、技術移転するコーディネータ業務と、外部研究費獲得し、フォローするURA業務を行っています。
金本 恭三
(Kyozo Kanamoto

(兼)機械システム工學科
パワーエレクトロニクスモジュールの熱的ストレスが原因で起こる劣化の評価と改善のための技術開発を行います。加速試験技術、劣化モニタリング技術、熱抵抗の評価?改善、効率的な冷卻技術などを研究します。
門上 希和夫
(Kiwao Kadokami)

(兼)エネルギー循環化學科
最新の分析裝置を用いた化學物質の分析法を習得し、環境中での化學物質の濃度や挙動を調査研究して、ヒトや生物への影響を評価する手法を學びます。
櫻井 和朗
(Kazuo Sakurai)

(兼)環境生命工學科
ガンなど難病をなおす次世代の醫薬品開発を支える技術を化學と高分子科學を基礎にして研究しています。播磨にある世界で最も強い線を出すSPring8を用いて、生物を構成している生體高分子やソフトマテリアルの研究をしています。
永原 正章
(Masaaki Nagahara)

(兼)情報システム工學科
人工知能や自動制御の理論を研究するとともに、ロボットやドローン、自動車への応用に取り組んでいます。
中村 邦彥
(Kunihiiko Nakamura)
學內における知的財産に関する業務を擔當しています。大學において創出された研究成果を知的財産として権利化し、技術移転するコーディネータ業務と、外部研究費獲得し、フォローするURA業務を行っています。
芳賀 慶一郎
(Keiichiro Haga)
學內における知的財産に関する業務を擔當しています。大學において創出された研究成果を知的財産として権利化し、技術移転するコーディネータ業務と、外部研究費獲得し、フォローするURA業務を行っています。
藤山 淳史
(Atsushi Fujiyama)

(兼)環境生命工學科
次世代に向けて持続可能な社會を形成していくため、特にエネルギーとリサイクルの分野を対象に、システム工學の手法を用いて経済や社會學の領域まで踏み込んだ研究を行っています。
松田 鶴夫
(Tsuruo Matsuda)

(兼)情報システム工學科
生體(Human)と工學(Machine)を結ぶインターフェースや、QOL支援ロボット開発等に関わる研究を行っています。

環境技術研究所の組織

keyboard_arrow_upTOP
久久影院-国产久久亚洲美女久久