お知らせ

北九州市立大學からのお知らせ

お知らせ

JUEMUN 2020:日本大學英語模擬國連に今年も參加しました!

日本大學英語模擬國連(JUEMUN)は、大學生が參加して英語で行う模擬國連大會です。模擬國連では、実際の國連會議を模した會議に學生が各國の代表として參加し、他の學生との議論を通じて、國際的な施策を練り上げます。

北九州市立大學からは外國語學部の英米學科と中國學科から8名が參加しました!今年度の第11回大會(JUEMUN 2020)は新型コロナウィルスの感染拡大により、初めてオンラインで開催されました。日程は524日~628日で、例年は23日で対面により行われるところを、今年はオンラインプラットフォームを利用して一か月余りをかけて進められました。

模擬した會議は、UN Commission on the Status of WomenCSW; 國連女性の地位委員會)、議題は "Women's Empowerment and the Links to Sustainable Development"(女性のエンパワーメントと持続可能な開発)です。特に、女性の経済的エンパワーメントを実現するため、農山漁村の女性、家事労働者や移民家事労働者、低熟練労働に攜わる女性、管理職レベルの女性人材の登用といった各方面から検討し、取組や施策を考えました。持続可能な開発目標(SDGsのうち、特にSDG 5 (ジェンダー平等)SDG 8(持続可能な経済活動)を視野に捉えた議題です。參加學生は各國で実際に導入されている政策や、各國?地域固有の問題についてリサーチし、情報を共有しながら議論を進めました。

參加した學生は次のようなコメントを寄せてくれました。

  • 今回はオンラインでの開催となり、このコロナ禍でしかできない形のJUEMUNを體験することができました。実際に會っていないので連絡が取りにくかったり、発言しにくい場面があったりしましたが、リーダーの方が助けてくださり、自分の意見を述べることができました。その中で、英語での交渉や批評の難しさを感じたため、これからの課題として取り組んでいきたいと思います。(英米學科1年生)

  • 模擬國連への參加で一國の代表として責任を持って國際情勢と向き合い、話し合いで解決法を導いたことはとてもやりがいを感じました。英語の資料を読んで、英語で意見を述べることは初體験であり、大変なことも多々ありましたが、有意義な時間だったと思います。(中國學科2年生)

サポートした外國語學部の齊藤準教授からは、「ほとんどの學生にとって初めての模擬國連でした。また、慣れないオンラインツールも使いながらでしたが、他大學の學生と協力しながら著実に取り組んで、決議案の策定に貢獻しました。大學生活自體が未曽有の形で送られることになった今學期でしたが、一貫して國際問題に真摯に取り組んだことによる素晴らしい成果です」とのコメントをいただきました。

JUEMUN集合寫真(縮小版).JPG2019年度JUEMUNの一場面(寫真提供:JUEMUN

関連サイト

keyboard_arrow_upTOP
久久影院-国产久久亚洲美女久久