広報スタッフ日記

北九州市立大學からのお知らせ

広報スタッフ日記

若松産ホップでつくった「HIBIKI FRESH HOPS 若松エール」

 北九州市で育てたホップで造った地ビール「HIBIKI FRESH HOPS 若松エール」が完成しました。若松でホップを育て門司港地ビール工房で製造した、北九州市で初めての生ホップ使用の地ビールです。

wakamatsu-ale.jpg

 NPO法人の北九州ビオトープ?ネットワーク研究會が響灘ビオトープでグリーンカーテンとしてホップを植えたことが、地ビールづくりのきっかけでした。このNPO法人は、國際環境工學部 建築デザイン學科のデワンカー?バート教授やひびきのキャンパスの學生もメンバーとして、環境保全活動をしています。

hop-green-curtain.jpg

 初めてホップを栽培した昨年は200gを収穫しました。その後、門司港レトロビールや地元の酒屋などと一緒に「響灘ホップの會」を発足し、今年は8㎏のホップを収穫して地ビールを作ることができたそうです。

hop.jpg hop_shukaku.jpg

 発売開始の919日にはJR小倉駅で開催されたイベントでも販売されましたが、午前中から行列ができる大盛況で、あっという間に完売したそうです。

 売り上げの一部は響灘ビオトープの生物保全に活用される予定です。

 來年に向けてデワンカー教授は、もっと多くのみなさんに參加してもらい、もっと多くのホップを栽培していきたいとのことでした。

keyboard_arrow_upTOP
久久影院-国产久久亚洲美女久久